- - -

2016年9月21日

スウェット豆知識

  • GOOD ON DIARY / グッドオンダイアリー
  • PRODUCT / 商品情報

9月後半に入り、一気に秋の気配が近づいて来ましたね。

 

先日のブログ「「Blue.」掲載商品」で紹介させて頂いた定番スウェット商品、

特に誌面に大きく掲載して頂いたRaglan Pullover Hood SweatやRaglan Crew Sweatは早くも多数のご注文を頂いていて、今季もスウェットへの注目度の高さを実感しています。

 

 

po-hood-sw-fred-blog

 

po-hood-sweat-ok

 

ベーシックなディテール、シルエットを生かしながらも着心地や見た目のバランスにこだわった独自のパターン。
着丈をやや長めにし、二の腕から脇の下にかけてのシルエットを少し絞り、全体的にスッキリとしたシャープな印象に仕上げています。

 

フードは首周りでつぶれたり広がったりせず、着用時に最も綺麗なシルエットを保つように計算されており、襟のように自然で邪魔になりません。

全体の縫製には4本針のフラットシーマを使用しており、安心してデイリーに着倒せる一着。

少し大きめの前面ポケットは遊び心のある丸みのあるデザインがポイント。こちらはスッキリとスマートな印象にとどめるため三本針で縫製しています。
生地はアメリカ産の9オンスフレンチテリーで、裏パイルで厚すぎず薄すぎない厚みの生地は吸湿性に優れ、適度な保温性もあるので日本の気候に適しており、季節を問わず着回せます。

 

後染めでの縮率を考慮し、最も縮んだ状態から繰り返し着用することで身体に合った一番良い型になるよう計算されたサイズスペックで仕立てています。

長く愛用するほどに美しく風合いが増す顔料染めの経年変化とともに、着る度に身体に馴染む着心地を楽しむことが出来ます。

 

po-hood-sw-2016fwmdl2 po-hood-sw-2016fwmdl1

Raglan Pullover Hood Sweat

 

 

 

 

crew-sw-metal-blog

 

crew-sweat-detail-2016ok

 

丈夫さと着心地の良さ、パターンや細部のディテールにまでこだわった、ベーシックなラグランクルーネックスウェットシャツ。

 

日本人の体型に合わせて微調整された着丈、二の腕から脇の下にかけてのシルエットなど、全体的にスッキリとしたシャープな印象に仕上げています。

動きやすさ、見た目のスマートさにこだわりながら、着まわしの効くベーシックなスウェットシャツの原型を留めた究極のパターン。

丈夫で吸湿性に優れたアメリカ綿100%のスウェット生地は、適度に薄手の9オンスで裏側はパイル状になっており季節を問わず着まわしやいのが特徴です。

 

縫製は2本針カバーミシンと4本針フラットミシンにより平坦で頑丈に仕上げ、肌への当たりが快適。

後染めでの縮率を考慮し一番良い型になるよう計算されたサイズスペックで仕立てています。

 

製品染めと洗い、乾燥によって最も縮んでいる状態でお売りしているので、着用後のお洗濯での縮みを心配せずにお選びください。

また、着用していただくことで縮んでいた生地がほぐれて馴染んでいくので、徐々により身体に合ったサイズ感に変わっていきます。

着込めば着込むほどクオリティーの高さを実感いただける逸品です。

 

crew-sw-2016fwmdl2 crew-sw-2016fwmdl1

Raglan Crew Sweat

 

 

 

Good Onのスウェット製品は、絶対の信頼を置く国内の工場で丁寧に縫製を施された後、染色、洗いなどの加工をへて皆さんのもとへ届けられています。

 

ちなみに、Good Onの頑丈な縫製へのこだわりは、お客様に安心して長く愛用して頂くためだけのものではなく、製品にとても大きな負担のかかる染色、洗い~乾燥の工程にしっかり耐えうるために欠かせないポイントでもあるんです。

sewing-sweat-2016-4

縫い付け前のリブと身頃。

このようなパーツを繋ぎ合わせていきます。

sewing-sweat-2016-1

熟練の技術が必要な4本針フラットシーマミシンを、まるで身体の一部のようにしなやかに操り、次々とすごいスピードで縫い合わせていきます。

sewing-sweat-2016-2

sewing-sweat-2016-3

一枚一枚手作業で検品し、仕上げていきます。

sewing-sweat-2016-5

まだGood Onのスウェットを未体験の方、ぜひこの秋冬にお試しになってみてください。

 

着る度に身体に馴染む感覚と、何とも言えない安心感、愛着と共に増していく風合い感を実感できるはずです。